- About -HISTORY

PELLE BORSAの歴史

ペレボルサの原点は、1943 年(昭和18 年)創業以前、和装小物を製作していた時代までさかのぼります。
イタリアの革バッグに魅せられた創業者が、ヨーロッパを超えるブランド作りを目指して日々情熱を傾け続け75年が経ちました。
この頃よりジャパンブランドとしての感性や、心から良いと思えるもの作りで、
お客様と感動を共有したいという理念が培われてきました。

【ブランドの歴史】

ブランドの歴史 ブランドの歴史
  • ブランドの歴史 1
  • ブランドの歴史 2
  • ブランドの歴史 3
  • 1943創業 和装小物づくりをスタート
  • 1964堺工場完成
  • 1980東京ショールーム開設
  • 1986CI導入 職人をモチーフにした「クラフトマンマーク」誕生
  • 1995世界へのアピールを視野に海外展示会初出展 香港現地法人設立
  • 2004青山に直営店オープン(現在は閉鎖)
  • 2013枡儀グループ傘下に 株式会社ペレボルサ設立
  • 2014イタリアミラノコレクションにてランウェイショー参加
  • 2014上海コレクション出展
  • 2015香港皮革製品見本市APLF出展
  • 2015台湾の百貨店にて商品展開
  • 2015ベルギー市場にて商品展開
  • 2016大阪心斎橋クリスタ長堀にフラッグシップショップPELLEBORSAオープン
  • 2017東京帝国ホテルアーケードにフラッグシップショップMIYABIYAオープン

【商品の歴史】

商品の歴史 商品の歴史
  • 商品の歴史 1
  • 商品の歴史 2
  • 商品の歴史 3
  • 1987エンボスシリーズ発表 水シボを型押ししたレザーで展開。
  • 1995ベリィシリーズ発表 ハンドバッグで初めて形状記憶合金を使用。
  • 2003セルダシリーズ発表
    海外ビッグメゾンに素材を提供するイタリア・リモンタ社のナイロンを日本でいち早く商品化。
  • 2004プラントシリーズ発表
    今日まで続くレザーの定番。シーズンごとにカラーを発表。
  • 2013アライブシリーズ発表
    70周年を記念して企画されたシリーズ。オリジナルジャガードにウレタンコーティングを施した素材は「軽さ」「撥水性」に優れる。
  • 2015元パリコレモデル・アンミカとのコラボスタート。多くのアイテムがデビュー。
  • 2017レネットシリーズ発表。
    こだわりのなめしから生まれた日本産「本シュリンク素材」を使用。